ロッテワールドタワー (韓国 ソウル)

(2018/02/10)

韓国ソウル特別市の松坡区にそびえたつ、超高層ビル。第二ロッテワールドの中にある建物で高さは555mあり、展望台は117階から123階にかけて設定されている。建設時にはヒビだの倒壊の恐れだのと日本の某掲示板では散々叩かれていたが、行ってみるとそんなことは全然感じさせない堂々とした建築物だ。

展望デッキへの入り口はB1となっている。ロッテモールのなかに展望台の名前である「SEOUL SKY」という看板がでかでかと掲げられているから迷うことはないだろう。

チケット購入の際には入場時間帯の指定がある。混雑を避けるために30分毎の入場制限が設けられているようだ。チケット購入ですぐ入場できるのではなく、購入の際に時間を指定してその時間に入場ゲートをくぐるという事のようだ。
訪れた日は土曜日なので人が多くても良かったと思うが、殆どの時間帯で入場可能とのこと。ブルジェハリファや台北101がチケットが買えないくらい(あるいは長く待つくらい)混雑していたのと比べると、タワーの巨大さの割には少々さびしい印象をうけてしまう。

ゲートをくぐるとセキュリティチェックがあり、合成用の写真撮影とお決まりのルートが用意されている。この写真撮影はタワー内で何箇所か用意されていて、稼ごうという気合が感じられる。写真の購入は最後に画像を見てそれを購入するという流れではなく、それぞれの撮影用QRコードが渡され、それと個人の写真がひも付けられているようだった。購入は出口付近の写真購入所でQRコードを見せれば何箇所かで撮った写真を購入できるという流れらしい。