アルピアタワー (韓国 龍仁市)

(2018/05/05)

ソウルの南に位置する龍仁市の竹田駅近くに位置する多目的施設を併設した建物。日本語の情報が余りにも乏しいのでここの存在を知るまでに苦労した。名前は「ARPIA TOWER」となっていてアルピアが韓国語で意味があるのか、ただの洋風な名前なのかは不明。

アクセスは電車の方がしやすいだろう。すぐ近くに竹田駅がありソウルから乗り継ぎで向かうことができる。駅の近くには新世界百貨店やスーパーのemartがあり便もよい。

B1、B2が地下駐車場になっている。

一応市の施設らしくアートホールが併設されていて、演劇ホールもあるようで、この日もなんらかの催し物が開かれており多くの人出があった。自分たちはレンタカーでアクセス。このアートホールの地下は駐車場になっていて、いつもそうなのかは判らないが無料で停めることができた。

この建物のすぐ横にはグラウンドがありサッカーやテニス、バスケットボール、ゲートボールや学童野球ができるような敷地が設置されており、土曜ということもあり多くの人々が訪れていたようだ。

タワーは一見オフィスビルのようにも見えるが、途中に階の設定は無いようで地上階とレストラン階、展望デッキ階となっている。レストラン階は2・3F、展望デッキ階が4Fとなっているが、実際の高さは106.20メートルのところにある。展望デッキはAM9:00~PM9:00までとなっているので夜に訪れれば龍仁市の夜景を楽しむことができるだろう。

1Fエレベーターホール。「ARPIA TOWER」とある。

展望デッキの様子。

エレベーターで展望デッキのある4Fまで直行する。展望階は「ロ」の字形のようになっており、ぐるりと360度のパノラマを眺めることができる。龍仁市の中心街付近を眺めることができるので、山間のパノラマとは違った市街地のパノラマを楽しむことができるのがここの特徴だろう。展望デッキには椅子などが設置されていて、親子連れなどで時間をゆっくりすごす人が多かった。
このタワーだが、ネットで検索するとハングル情報で真っ先にでてくるのは税金の無駄だという記事が先頭に出てきてしまう。見た目がオフィスビルのようなのだから、オフィスビルにして展望機能ももってればよかったのかもしれないが、確かにスペース的にはちょっともったいない気がする。

運動公園を見下ろしたところ。各種グラウンドが整備されているのがわかる。

展望デッキから東側の眺め。新世界百貨店とその後ろにあるemartが望める。

展望デッキから北側の眺め。奥(北)にまっすぐ伸びている太い道路は高速1号線でソウルへ向かっている。

展望デッキから西側の眺め。エレベーター部分に若干視界を遮られる。手前に見える太い道路が高速1号線。

展望デッキから南側の眺め。国道1号線がまっすぐ伸びているのがわかる。

 

アートホールを手前に見上げたところ。こう見るとオフィスビルそのものだが、実際はほぼ純粋な展望タワーだ。

途中階はがらんどうとなっていて、実質レストランと展望デッキの機能しかもっていない。

 

アルピアタワー(ARPIA TOWER)

コメントを残す